ニュース

2015.12.15

放送スタッフ部 カメラマン岡・神近・大村が受賞!

優れたニュース映像と報道写真に贈られる関西写真記者協会 協会賞の受賞式が今月14日行われました。

ABC報道で勤務するENG所属のカメラマン神近伸彰が、企画部門で見事、金賞を受賞。

スポーツ部門では同じくABCで勤務するカメラマン大村浩崇が、銀賞を受賞しました。

そして、KTVの岡カメラマンが撮影した
ザ・ドキュメント「生きること~認知症の心に寄り添うバリデーション~」が
第53回ギャラクシー賞奨励賞に選ばれました。

2015.12.10

制作番組の放送情報

制作番組の放送情報です。

大阪事業本部コンテンツコミュニケーション部、山村ひろしが企画監督したドキュメンタリー番組が、下記の通り放送予定です。

関西テレビ放送(カンテレ)
「ザ・ドキュメント京の摺師~パリに渡った浮世絵~」
12月12日深夜25時35分~(約1時間)
※実質12月13日早朝1時35分となります。

http://www.ktv.jp/document/151212.html
↑この番宣では12月12日深夜1時35分となっています!

この番組は3年前に開かれたATP主催のドキュメンタリー国際共同制作促進イベント「東京TVフォーラム(TTVF)」(現東京DOC)にて優秀企画賞をいただいたものです。

2015.11.10

放送スタッフ部 W受賞!

放送スタッフ部の関口高史カメラマン(KTV報道担当)が、昨年秋撮影したドキュメンタリー「芸の魂」が、AIB国際メディアコンクールにおいてスペシャリスト番組部門で優秀賞を受賞いたしました。

番組は大阪が誇る伝統芸能・文楽をテーマに、引退後の人間国宝・竹本住大夫さんの文楽にかける思い、「芸の神髄」の継承、「芸の魂」に迫ります。

また「大阪発祥の伝統芸能」の行く末を、地元で暮らす私たちがどう考えるのかを問いかけます。

受賞理由は「この番組は、まさに洗練された芸術の魂と精神を伝えている。粘り強い取材・撮影によって、文楽の巨匠の1人の内面を深く理解できる素晴らしい内容である」と評価されました。

そして、原淳二カメララマン(MBS報道担当)が撮影した映像記録「あの日あの場所、あの人と」が日本民間放送連盟賞のテレビ教養部門で優秀賞を受賞しました。

受賞作品は阪神淡路大震災から20年〝その後” を記録した労作です。

2015.10.27

受賞のお知らせ(名古屋事業本部)

●東海テレビ放送ドキュメンタリー「ヤクザと憲法~暴力団対策法から20年~」
・第52回 ギャラクシー賞テレビ部門 選奨(名古屋事業本部 山本哲二)
・2015年 日本民間放送連盟賞 報道部門 優秀賞(名古屋事業本部 山本哲二)
http://www.tokai-tv.com/press/pdf/2015/150603.pdf

●東海テレビ放送公共キャンペーンスポット「戦争を、考えつづける」
・2015年 日本民間放送連盟賞 CM部門 優秀賞(名古屋事業本部 報道制作部 北村昌人)
https://www.youtube.com/watch?v=DD8qAaZlGEY

●東海テレビ放送スーパーニュースカメラEYE「商店街のたい焼き屋さん」
・2014年 中部写真記者協会賞 グランプリ(名古屋事業本部 報道制作部 北村昌人)
https://www.youtube.com/watch?v=rAGYRPxGkJY

2015.07.17

ドローンを購入しました

放送スタッフ部ENG大阪でドローンを購入しました。

いろいろと規制が厳しくなってきましたが、これからの映像表現には欠かすことの出来ない存在です。

ご利用お待ちしています!

初飛行の映像をUPしました。
https://youtu.be/C7exBEgfSCg

2015.06.01

ON.AIR! BS朝日6月2日19時~『オトナの社会科見学』♯7

タイトル: 「技あり!江戸の職人芸」
内容: 東京下町で伝統工芸品を作る3つの工房に密着。

自ら身につけた熟練の技術と道具によって、生み出される名品の数々。
それらを生み出す職人たちの工房の日常を追い、職人の家族、そして職人を通して出会った人々を写しながら、カメラは現代の職人たちの実像を探ります。

江戸文化に培われた「伝統の技と心」に見えてくる「継承と革新」。

今を生きる江戸職人たちと未来の歴史に思いをはせる、まさしくオトナの社会科見学です。

http://www.bs-asahi.co.jp/otonano_syakaika/index.html

PAGETOP