ニュース

2012.11.02

映画「白い船」10周年記念デジタルリマスター版(ブルーレイ)発売決定!

- 追悼 大滝秀治 -
謹んでお悔やみを申し上げます

思いは届き、夢は叶うものなのです。
「あの船にのりたい」と願った子供たちと「のせてあげたい」と誓った大人たちの、
本当にあった物語。

◎インディーズ作品ながら劇場公開時10万人動員、DVD販売も1万枚を超える名作が、ついに待望のブルーレイ化!

◎フィルムスキャニングの手法により、35mmフィルムを1コマ1コマ、デジタルデータに変換!さらに、シーンごとのカラーグレーディングやCGの追加を行ない、オリジナル原版以上のクオリティーを実現!!

◎「日本一音のいい映画を目指します」 音楽/角松敏生が自ら、企画・リダビング!アナログ4.0chサラウンドを、5.1chデジタルサラウンドとステレオにデジタルリミックス!!

◎島根の人と自然を撮り続ける、錦織良成監督の「島根3部作」第1作!『うん、何?』『RAILWAYS【レイルウェイズ】』へと続く、錦織監督の原点がここにある!

◎本当にあったエピソードをもとに、素直な心と優しい気持ちの可能性を描いた感動エンターテインメント作品。

【ストーリー】
島根県の漁村にある全校生徒数17名の小さな小学校。赴任から間もない女教師の静香は、先生という職業に対して悩みを抱いていた。静香のクラスに窓の外ばかり見ている6年生の好平がいた。ある日、好平は水平線の彼方に白く光る物を見つける。それは沖を行くフェリーだった。静香の発案で好平たちは船長に手紙を出した。手紙を受け取った船長は、子供達の気持ちに応えてプレゼントを添えて返事を送ったのだった。何度も手紙を交わすうちに生徒達と船長の交流は深まり、子供たちは船長のフェリーに乗りたいと強く願うようになった。そして、周りの大人達もその願いを叶えようとするのだが・・・
【スタッフ】
脚本・監督:錦織良成
音楽:角松敏生
撮影:柳田裕男
照明:吉角荘介
録音・整音:星一郎
音響効果:佐々木英世
編集:掛須秀一
美術:平井亘
美術デザイン:吉田悦子
【キャスト】
中村麻美/濱田岳/中村嘉葎雄/尾美としのり/竜雷太/大滝秀治/田山涼成/長谷川初範/奥村公延/宮下順子/山口美也子/山田アキラ/戸田麻衣子/高橋理奈/白石美帆


2013年1月12日リリース
発売元・販売元:松竹株式会社 映像商品部


【品番】SHBR-138
【税込価格】3,990円
【POSコード】4988105101647
【尺数】本編108分+特典映像
【放映】2002/7/6
【製作年度】2002年
【製作国】日本
【ジャンル】ドラマ
【音声】リニアPCM日本語(オリジナル)5.1ch/リニアPCM日本語(オリジナル)ステレオ
【字幕】なし
【画面サイズ】16:9
【カラー/モノクロ】カラー
【層】50GB
© 2002 白い船製作委員会
[ 本件に関するお問合わせ ]
株式会社エキスプレス
東京事業本部 企画営業部
担当:赤間
TEL:03-5775-1871 / FAX:03-5775-1876

2012.11.01

スカイパーフェクトTV2チャンネルの運用開始

平成24年12月1日より、スカイパーフェクトTVの2チャンネルを当社において運用開始の予定です。
【チャンネル名と主な放送内容】
◎ 「EXスポーツ」
チャンネル番号 : ch282 及び ch609
内容 : 競輪生中継、Fリーグ等スポーツ関連
◎ 「ビクトリーチャンネル」
チャンネル番号 : ch288 及び ch541
内容 : ボートレース生中継、映画、音楽、ゲーム情報等

株式会社エキスプレス
社長 大富 擴平

2012.02.23

大阪本社移転のご案内

拝啓 時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、弊社は大阪本社を平成24年2月27日(月)より、下記の住所に移転する運びとなりました。
今後とも、何卒倍旧のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

株式会社エキスプレス
社長 大富 擴平

【営業開始日】平成24年2月27日(月)
【新住所】〒530-0047 大阪市北区西天満6丁目3番16号 梅田ステートビル5・6・7F
[7F]
・財務経理部 TEL 06-6315-3171 / FAX 06-6315-3180
・人事総務部(人事)TEL 06-6315-3179 / FAX 06-6315-3180
・人事総務部(総務)TEL 06-6315-3115 / FAX 06-6315-3180
[6F]
・コンテンツコミュニケーション部 TEL 06-6315-3185 / FAX 06-6315-3160
・クリエイティブ部 TEL 06-6315-3141 / FAX 06-6315-3151
・放送スタッフ部 ディレクショングループ TEL 06-6315-3162 / FAX 06-6315-3160
・業務管理グループ TEL 06-6315-3163 / FAX 06-6315-3160
[5F]
・放送スタッフ部 放送スタッフグループ TEL 06-6315-3161 / FAX 06-6315-3101
・営業・制作統括部 TEL 06-6315-3183 / FAX 06-6315-3101
PDF(141KB)

PAGETOP